三菱東京UFJ おまとめローン

三菱UFJ銀行カードローンはおまとめローンできませんm(__)m

 

 

三菱UFJ銀行カードローンにはおまとめローンという商品はありません。三菱UFJ銀行カードローン(バンクイック)というものはありますが、おまとめローンとしての使途はなく、他の借入があればただでさえ厳しい銀行のカードローンなので審査は更に厳しくなってくるでしょう。

 

そして何より2017年から始まった金融庁の銀行カードローンの規制です。銀行カードローンが総量規制対象外をいいことに、多重債務者におめとめローンと称してバンバン貸していたので、

 

 

総量規制施行以来減り続けていた自己破産者が、増加傾向に転じてしまったのです。


 

このことにより、銀行カードローンでのおまとめローンはもちろん、借り換えも厳しくなってしまいました

 

 

ですので、実質おまとめローンで審査できるといえば大手消費者金融ですが、大手といっても総量規制の対象外になる訳ではありません。おまとめローンとなるとどうしても、

 

 

(既存の貸金業者からの借入額+おまとめローンとして借り入れる額>年収の1/3)となってしまう為総量規制に抵触してしまいます。


 

ですが総量規制には例外規定というものがあり、『顧客に一歩的有利となる借り換え』は総量規制の対象外となり、

 

 

これに該当する法律に沿ったおまとめローンであれば総量規制の例外で年収の1/3以上借りることが可能になります。


ですので、消費者金融を含む貸金業者の既存借入をおまとめする事で、金額が大きくなり総量規制に抵触し、審査が厳しくなりそうであれば、三菱UFJ銀行カードローンでは申込めないので大手消費者金融の総量規制の例外適用おまとめローンに申込めば審査はしっかりしてくれます。

総量規制の例外適用おまとめローン商品のある大手消費者金融

プロミス 【最短1時間融資】
SMBCコンシューマーファイナンス


プロミスレディース

総量規制の例外適用の『貸金業法に基づくおまとめローン』のあるプロミス

実質年率 4.5%〜17.8%
借入限度額 最高500万円
アコム
三菱UFJフィナンシャルグループ

総量規制の例外適用の『貸金業法に基づく借り換え専用ローン』のあるアコム
実質年率 3.0%〜18.0%
借入限度額 最高800万円

複数の銀行カードローンの借入残高を三菱UFJ銀行カードローンでまとめることができるの?

 

金融庁からの銀行の規制内容には、銀行カードローンは他社借入の把握をしっかりしていないところが大半で、ココをしっかり改めさせられることとなりました。全国銀行個人信用情報センターの信用情報の更新も、今までは月一回の更新(日々借り入れたりするのにあまりにずさんな信用情報の確認だ・・・)だったものも、毎日更新するようになるらしいので、更に与信管理は厳しくなります。

 

ですので、総量規制は全銀協の反対により、布かれることはありませんでしたが、

 

 

実質、銀行カードローンの借入は含まれない総量規制よりも厳しい審査基準になってしまっています。


 

ですので、複数の銀行カードローンの借入のおまとめは、三菱UFJ銀行カードローンでも銀行カードローンなので厳しいということになります。この反面大手消費者金融は、

 

 

銀行カードローンの借入は総量規制の対象外なので、総量規制の例外を使いことなくおめとめすることも可能です。


 

もちろん審査に通るかどうかは別問題ですが、無茶な借入残高でない場合は希望が持てます。

 

三菱UFJ銀行カードローンを含む銀行カードローンが金融庁におめとめローンを規制されることとなった経緯

 

総量規制の範囲内なら大手消費者金融でも例外を使わなくても審査は通るでしょうが、それなら金利の低い銀行おまとめローンにした方が以前は得策でした。しかし現在では、

 

 

全ての銀行がおまとめローンとしての貸し出しを自粛している状態です。


なぜか?話せば長くなりますが、以前グレーゾーン金利を利用して消費者金融が暗躍した頃、自己破産者が増えて金融庁が貸金業者の規制に取り掛かり、施行されたのが総量規制です。

 

その後自己破産者の数は減少傾向になり、金融庁の対策の狙い通りとなった訳ですが、ここ近年で自己破産者は増加傾向に転じました。

 

 

貸金業者が規制され貸付残高を減らす一方で、総量規制対象外の銀行カードローンが大きく貸付残高を増やしているのです。銀行カードローンが消費者金融の代わりに貸していたので、自己破産者が増えたと言う金融庁の算段です。

 

 

現在、銀行カードローンを規制したい金融庁と全銀連やメガバンクなどが協議していますが、『自主規制するから規制を掛けないで』という銀行側のスタンスになっています。その自主規制の一環として、

 

 

自己破産者を輩出する原因となる与信の低い複数債務者に貸すおめとめローンを自粛しているで、銀行カードローンでおめとめローンを組む事は現在できません


ですので現在では、総量規制の例外のおまとめローンの商品がある大手消費者金融でおまとめローンをする方法しか残されていません。

三菱UFJ銀行でおまとめローンはできるのか?

 

三菱UFJ銀行は、大手都市銀行のひとつで、多彩な金融商品がその特徴となっています。金融商品といえば、多くの消費者金融業者が展開しているもののひとつに『おまとめローン』というものがあります。

 

これは、複数の業者から借入をしているローンをひとつにまとめることができるというもので、利用者からすれば

 

 

  • 返済先が1箇所になるためわかりやすくなる
  • 『借り換え』という扱いになるため金利も低くなる

 

というメリットがあります。さて、この『おまとめローン』ですが、三菱UFJ銀行ではどのような扱いになるのかといえば、実は三菱UFJ銀行ではいわゆる『おまとめローン』という金融商品は存在しません。

 

そのかわりというわけではありませんが、三菱UFJ銀行の金融商品としてバンクイックというカードローンがあります。三菱UFJ銀行には『おまとめローン』のための商品こそありませんが、こうした商品を有効活用することで十分カバーできます。

 

このバンクイックの金利は、2019年3月現在で年1.8%〜14.6%という利率設定となっており、最高で500万円まで融資を受けることができるという特徴があります。しかも最短で申し込んだその日のうちに利用開始できるというスピーディーさも相まって、多くの利用者が存在します。

 

さらに、他の銀行系カードローンと異なり利用に際しては三菱UFJ銀行に口座を作る必要もありません。そのうえ、銀行系のローン商品のため借入金額の総額を規制する>『総量規制』は貸金業者の法律となりますので、おまとめローンとして活用している人もたくさんいるカードローン商品となっています。

 

ただし、銀行系カードローンの場合審査のゆるいおまとめローン等存在しませんので、他の消費者金融などと異なり特殊なケースが多い傾向にあります。また、もともとバンクイックという商品自体が『おまとめローン』を目的として作られた商品ではないということから、利用にあたっては書類の不備や説明不足などがないように注意しましょう。

 

審査・金利・返済状況などを踏まえたおまとめローン選びは、当サイト編集部の運営しているおまとめローンのランキングを参考に申込んでください。

page top